サッカー」カテゴリーアーカイブ

FIFA年間表彰式、男女均等へ女子2部門追加

国際サッカー連盟(FIFA)は6日、年間表彰式で今年から新たに女子の最優秀GKとベストイレブンの2部門を加えると発表した。最優秀選手と最優秀監督は既に男女ともに表彰されており、授与される部門が男女均等となる。 FIFAのボバン副事務局長……

ノジマステラ松原、大賀 W杯代表「諦めてない」

ノジマステラ神奈川相模原は前半だけで3失点するなど守備が崩壊し、ホームでいいところなく敗れた。 日本代表MF松原は「選手の距離感が悪く、間延びしてうまくボールを奪えなかった」と肩を落とした。ワールドカップ(W杯)メンバー発表については「……

ノジマステラ松原、大賀 W杯代表「諦めてない」

ノジマステラ神奈川相模原は前半だけで3失点するなど守備が崩壊し、ホームでいいところなく敗れた。 日本代表MF松原は「選手の距離感が悪く、間延びしてうまくボールを奪えなかった」と肩を落とした。ワールドカップ(W杯)メンバー発表については「……

頭、右、ループ浦和菅沢“変幻ハット”W杯アピール

ワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日開幕)の出場メンバーの発表を10日に控え、選手にとってはリーグ戦最後のアピールの場となる中、浦和レッズレディースFW菅沢優衣香(28)がハットトリックを達成した。浦和はエースの大活躍でノジマス……

頭、右、ループ浦和菅沢“変幻ハット”W杯アピール

ワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日開幕)の出場メンバーの発表を10日に控え、選手にとってはリーグ戦最後のアピールの場となる中、浦和レッズレディースFW菅沢優衣香(28)がハットトリックを達成した。浦和はエースの大活躍でノジマス……

浦和菅沢優衣香ハットW杯選出へ「点とること一番」

浦和レッズレディースは日本代表FW菅沢優衣香(28)がハットトリックの活躍をみせるなど4-1でノジマステラ神奈川相模原に大勝し、再び首位に浮上した。 前半27分にFKから華麗なヘディングシュートを決めるなど3得点で勝利に貢献した菅沢は「……

マイナビ仙台が最下位転落 浜田遥2戦連発も空砲

マイナビ仙台レディースが1-2で長野に逆転負けし、自動降格圏の最下位(10位)に転落した。 強風の中、風下のロスタイム終了間際3分、波状攻撃を仕掛け、前掛かりの状態からカウンター気味に決勝ゴールを許した。ホームの意地として引き分けの勝ち……

浦和レディース菅沢優衣香、2度目W杯へ圧巻ハット

W杯フランス大会(6月7日開幕)の出場メンバーの発表を10日に控え、選手にとってはリーグ戦最後のアピールの場となる中、浦和レッズレディースFW菅沢優衣香(28)がハットトリックを達成した。 浦和はエースの大活躍でノジマステラ神奈川相模原……

W杯メンバー発表前最後の一戦 INAC悔しドロー

6月に行われるW杯フランス大会のメンバー発表を10日に控え、その発表前最後のリーグ戦。INACと日テレが引き分けた女子屈指の好カードには、サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(51)が視察に訪れた。 試合は前半20分、……

センアーノ神戸ジュニアが初V「選手は幸せ」/監督

初出場のセンアーノ神戸ジュニア(関西第1代表)が初優勝した。 ディアブロッサ高田FC U-12との決勝戦は、第1ピリオド(P)に先制点を許した。第3Pの終盤までゴールを奪えなかったが、残り2分を切ったところで、深江翔太(6年)のミドル弾……

楢崎正剛氏「とび丸」と再会 川口能活氏と交流イベ

日本サッカーミュージアム(東京・文京区)のゴールデンウイーク特別イベントがこどもの日の5日に行われ、川口能活氏と楢崎正剛氏の元日本代表GK2人が、訪れたファン、サポーターと触れ合った。 2人の国際Aマッチ出場試合数、計193(川口氏11……

バス遅延で不戦敗の桃山大4発勝利 渋滞対策で電車

前節バス遅延のため不戦敗となった桃山大が京産大から4得点を挙げ前節の屈辱を晴らした。 前半立ち上がりは京産大DFに阻まれ得点に至らなかったが22分、FW山口海都(2年)がキーパーの頭上を超える鮮やかなシュートで先制すると、勢いに乗り39……

原口「やっぱりバイエルンはバイエルン…強かった」

FW原口元気、浅野拓磨が所属するハノーバーはバイエルン・ミュンヘンに1-3で敗れた。原口はフル出場。浅野はベンチ外だった。 試合は前半のうちに首位のBミュンヘンに2点を先行される苦しい展開となった。それでも後半6分にFWジョナタスがPK……

センアーノ神戸ジュニア 接戦を制し初の決勝進出

準決勝はセンアーノ神戸ジュニアが接戦を制して初の決勝進出を決めた。同点で迎えた第3ピリオド(P)の終了間際に決勝点を奪った。オオタフットボールクラブとの準々決勝では延長でも決着せずPKで勝利を飾っており、相次いで競り合いに勝った。 昨年……

「教える」前に「楽しませる」/セルジオ越後

大型連休も終盤、家族や仲間でスポーツを楽しんだ方も多いでしょう。日曜日の「ニッカンジュニア」はサッカー評論家のセルジオ越後氏(73)が登場。同氏は元プロサッカー選手として、数え切れないサッカー教室を行い、サッカーの魅力を伝えてきました。……

子ども用サッカー用具の製作を提案/越後列伝

セルジオ越後氏は、78年から日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」を始め、20年目となった97年には同協会から表彰を受けている。サッカーの楽しさを子どもたちに伝えただけではない。子ども用のサッカー用具をメーカーにつくってもらい、日……

ベガルタ仙台ジュニアが準決勝へ 4強出そろう

ベスト4が出そろった。前日4日に雷鳴と大雨注意報のため延期となった決勝トーナメント1回戦(準々決勝)が午前8時半から行われた。 ベガルタ仙台ジュニアが、SSS FCを4-1で破って準決勝進出を決めた。センアーノ神戸ジュニアはPK戦の末に……

鹿島ジュニア、川崎F・U12などが決勝T進出

決勝トーナメントに進出する8チームが決まった。 予選リーグの結果、AグループからSSS FC、鹿島アントラーズジュニア、Bグループからディアブロッサ高田FC、ベガルタ仙台ジュニア、Cグループからセンアーノ神戸ジュニア、北海道コンサドーレ……

桃山大のバスが遅延し没収試合に 関西学生サッカー

サッカーの関西学生連盟は3日、同日午前11時半から滋賀・甲賀市水口スポーツの森陸上競技場で行われる予定だった、桃山大-大産大の1部リーグ前期の公式戦が、桃山大選手の到着が遅れたため、規定により没収試合となったと発表した。記録は桃山大の「……

王座奪還狙う仙台Jr2連勝 チビリン全国決勝大会

東北第1代表のベガルタ仙台ジュニア(宮城)が、6年ぶりの王座奪還へ好発進した。 予選リーグB組の初戦で伊藤琉斗(6年)の2ゴールなどで4得点を挙げ、九州第2代表のPLEASURE SC(佐賀)に快勝。続く、関西第2代表のディアブロッサ高……

JFA田嶋会長「フェアプレーの習慣をつけて」

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)が3日、横浜市内の日産フィールド小机で開催された「JA全農杯全国小学生選抜サッカー 全国決勝大会」開会式に出席した。 全国9エリアの予選を勝ち抜いた16チームの子どもたちを前にあいさつし、「8人制は……

神戸ジュニアが完勝、大山田から5発 全農杯

関西第1代表のセンアーノ神戸ジュニアが、5-1で東海第2代表の大山田SSSに完勝した。 センアーノは第1ピリオド(P)立ち上がりにFP佐野颯(6年)のゴールで先制すると、第2PにはFP深江翔太(6年)のヘディングシュートなどで2点を追加……

平成1号の前田秀樹氏が語る令和1号の意味

Jリーグの前身、日本リーグで30年前に平成初ゴールを決めた元日本代表主将の前田秀樹氏(64=東京国際大監督)が、3日のJ1第10節で令和初ゴールを狙う現役選手にエールを送った。古河電工(現ジェフユナイテッド千葉)のMFだった89年2月2……

INAC岩渕右膝負傷も鈴木監督「現状、大丈夫」

INAC神戸レオネッサのFW岩渕真奈(26)が、後半17分に接触プレーで右膝を痛めて途中交代した。 前半19分に今季リーグ戦初ゴールを決めていた。今月10日にW杯フランス大会のメンバー発表を控えており、影響も心配されたが、鈴木俊監督(4……

INAC神戸3戦ぶり勝利、鮫島「崖っぷちにいる」

INAC神戸レオネッサが浦和レッズレディースに1-0で勝利し、3試合ぶりの白星を挙げた。 前半19分にFW岩渕真奈(26)のゴールで先制し、これを守りきった。主将のMF中島依美(28)は「3連敗は避けたいという思いと、その中で全員が危機……