J1」カテゴリーアーカイブ

磐田FW中野が岡山へ期限付き移籍「必ず成長して」

ジュビロ磐田は7日、FW中野誠也(23)がJ2ファジアーノ岡山に育成型期限付き(8日から20年1月1日)移籍すると発表した。 下部組織出身の中野は、クラブを通じ「自分にとって磐田を離れることは、本当に難しい決断でした。だからこそ、必ず成……

U22代表オビが札幌の練習参加「雰囲気味わえた」

東京オリンピック(五輪)世代となるU-22日本代表のGKオビ・パウエル・オビンナ(流通経大4年)が北海道コンサドーレ札幌の練習に参加した。 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。193センチの恵まれた体格を生かしたプレーで、U-15から……

鳥栖金明輝新監督が就任会見「サガンのため頑張る」

J1最下位のサガン鳥栖は7日、金明輝(キム・ミョンヒ)コーチ(37)の新監督就任を発表した。 この日の非公開練習後に佐賀・鳥栖市内で行われた会見に臨んだ新指揮官は「社長とはいろいろ話し、しっかりサガン鳥栖のために頑張ろうという思いだけで……

鳥栖監督に金明輝コーチ、昨季も監督昇格後J1残留

J1サガン鳥栖は7日、新監督に金明輝コーチ(37)が就任することを発表した。1勝1分け8敗、総得点1で最下位に沈んでおり、5日に今季から指揮を執っていたスペイン人のカレーラス監督の退任を発表していた。 金明輝新監督は、5試合を残して自動……

騒動続いた神戸ポドルスキ、12日鹿島戦で復帰か

ヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキ(33)が6日、神戸市いぶきの森球技場での練習に別メニューながら参加した。 4月6日の松本山雅FC戦を右太もも裏痛で欠場。その後2試合に出場も、4月28日の川崎フロンターレ戦、前節の北海道コンサドー……

札幌を格好良く!パリコレ並行でブランド化大改革

サッカー界とファッション界のコラボレーションは、新たなクラブの姿を生み出そうとしている。 北海道コンサドーレ札幌は今季からクリエーティブディレクターとして、ファッションデザイナーの相沢陽介氏(41)を招いた。すでにポスターのデザインを手……

鳥栖社長「任命責任は感じている」監督退任を説明

J1最下位のサガン鳥栖竹原稔社長(58)が5日、佐賀・鳥栖市内の練習場で取材に応じ、この日クラブから発表されたルイス・カレーラス監督(46)の退任について説明した。 昨季、勝ち点40台で残留争いが行われた点を踏まえ「勝ち点40を考えると……

鳥栖社長「任命責任は感じている」監督退任を説明

J1最下位のサガン鳥栖竹原稔社長(58)が5日、佐賀・鳥栖市内の練習場で取材に応じ、この日クラブから発表されたルイス・カレーラス監督(46)の退任について説明した。 昨季、勝ち点40台で残留争いが行われた点を踏まえ「勝ち点40を考えると……

鳥栖カレーラス監督事実上の解任 金コーチが昇格へ

J1リーグで最下位に沈むサガン鳥栖は5日、今季就任したばかりのルイス・カレーラス監督(46=スペイン)の退任を発表した。 成績不振による事実上の解任。開幕から1勝1分け8敗で、10試合で総得点がわずか1という極めて深刻な決定力不足に陥っ……

鳥栖カレーラス監督退任「サガンへの愛情は永遠」

サガン鳥栖は5日、ルイス・カレーラス監督(46)の退任を発表した。 カレーラス監督はクラブを通じ「就任当初から最後まで支えて頂いた全ての方々に感謝申し上げます。特に愛情あふれるファンの皆様には限りない感謝の気持ちでいっぱいです。 サガン……

鳥栖カレーラス監督ベンチ入りせず 事実上解任

最下位に沈むサガン鳥栖のルイス・カレーラス監督(46=スペイン)が、大分トリニータとの九州ダービーにベンチ入りしない事態が起きた。クラブは体調不良のためと説明したが、開幕からの成績不振で事実上の解任とみられる。大分戦は急きょ、金明輝(キ……

G大阪金と菅沼コンビで0封貢献「結果ついてくる」

G大阪の三浦弦太が先発から外れたセンターバックは金英権と菅沼駿哉が担い、0封に貢献した。 菅沼は「金にうまくカバーしてもらった。0に抑えたら、DFラインとして自信が出る」。金英権も「全員が高い守備の意識を持てた。自分は(コンビを組むのが……

G大阪宮本監督が鬼采配!主将三浦外し久保建英封じ

ツネ様の“鬼采配”でガンバ大阪が首位東京から勝ち点1を奪った。 宮本恒靖監督(42)は本拠東京戦で、主将のDF三浦弦太(24)を今季初めて先発から外す決断。前節までリーグワーストタイ19失点の守備の立て直しを図り、17歳のMF久保建英ら……

東京久保建英「きているなと」反則覚悟マークに冷静

新時代の切り札をもってしても「鬼門」は敗れず。首位FC東京はガンバ大阪戦とスコアレスドローに終わり、チームの令和初勝利はお預けとなった。 連勝は4で止まったが今季の不敗は守った。その一方で、08年以来10年も勝ちがないアウェーのG大阪戦……

無得点の湘南山崎PK弾「上を」曹監督も献身性評価

湘南ベルマーレはFW山崎凌吾(26)の今季初得点となるPKで先制するも、後半20分に追いつかれて引き分けた。 チームの新元号「令和」初得点にもなり「狙っていました。GKも見えて逆に蹴れたのでよかった」と喜んだ。PKを獲得したのはMF岡本……

名古屋風間監督の執念采配、ジョー今季初の途中交代

名古屋グランパスMFジョアン・シミッチ(25)が同点弾でミスを帳消しにした。 前半終了間際、ペナルティーエリア内でのファウルでPKを与えて先制点を献上。後半20分に途中出場のMFガブリエル・シャビエルのFKを頭で合わせて同点ゴールを決め……

J第1号マイヤー氏「美しい」令和初弾の仲川祝福

令和初ゴールが生まれたJ1第10節初日から一夜明けた4日、Jリーグ第1号ゴール選手のヘニー・マイヤー氏(57)から祝福コメントが届いた。新元号のJ1初弾を決めた横浜FW仲川について「1つの時代が終わって次の時代が始まれば、新しいものが生……

札幌J1初4連勝、鈴木武蔵は56日ぶり1発で貢献

北海道コンサドーレ札幌が、神戸を2-1で今季初めて逆転で下し、クラブJ1初の4連勝を挙げた。 FW鈴木武蔵(25)が1-1の後半30分、ヘディングで決勝ゴールを決めた。リーグ戦7試合ぶりの今季4点目で、令和初戦の白星へけん引。今季最多の……

札幌進藤オーバーヘッド弾「頭の片隅に」美技を想定

北海道コンサドーレ札幌の平成最後に続き、令和最初のゴールもDF進藤亮佑(22)がかっさらった。 先制を許してから6分後の後半23分。右FKからのクロスがゴール前で相手守備に当たり、浮いた球を右足のオーバーヘッドで同点とした。嫌なムードを……

神戸5連敗「相手背後を」イニエスタ不在で戦術迷走

ヴィッセル神戸が昨年9月29日の鹿島戦以来となる5連敗を喫した。 後半17分、DF西が獲得したPKをFWビジャが右足で冷静に決めて先制。だが23分、30分に立て続けに失点を許しての逆転負け。吉田監督は「もう少し相手の背後を意識した戦い方……

大分快勝、オナイウ弾、鳥栖5連敗/大-鳥10節

大分トリニータが2ゴールを奪って快勝した。 後半3分、左サイドを駆け上がった高畑のクロスをオナイウが蹴り込んで先制。後半15分には、右からのクロスを小塚が頭で合わせて追加点。以降もボールを支配した。 サガン鳥栖は最後まで守備を崩せず5連……

東京ドローも首位、G大阪また勝てず/G-東10節

ガンバ大阪がFC東京の17歳MF久保建英を封じ、スコアレスドローに持ち込んだ。 G大阪はDF三浦弦太(24)を今季初めて先発から外し、前節までリーグワーストタイ19失点だった守備を立て直し。MF倉田秋(30)が前線から最終ラインまで豊富……

一進一退の攻防もお互い譲らずドロー/湘-名10節

湘南ベルマーレは2位名古屋グランパスと1-1で引き分けた。 前半44分にMF岡本拓也がMFジョアン・シミッチにペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。これをFW山崎凌吾が冷静に決めて先制に成功した。 首位FC東京を追うためには負けられ……

C大阪2発快勝、松本は好機生かせず/松-C10節

セレッソ大阪が2ゴールを奪って快勝した。 前半21分、奥埜の右クロスをブルーノメンデスが頭で押し込んで先制。さらに後半38分にはゴール前のこぼれ球を奥埜が押し込んで加点した。 松本山雅FCは前線で起点をつくれずに苦しみ、セットプレーの好……

札幌ロペス、左膝靱帯損傷と診断 今夏復帰の予定

北海道コンサドーレ札幌は4日、FWアンデルソン・ロペス(25)が左膝靱帯(じんたい)損傷と診断されたと発表した。 4月28日アウェー・ジュビロ磐田戦で負傷し、同29日に札幌市内の病院で検査を受けていた。現在は治療のためにブラジルに一時帰……